HOME > NEWS
2018/03/28
『Trimble FAIR 2018 in 盛岡』開催決定!
 

測量・設計・建設をICTを融合したi-Constyuctionを支援する「3Dソリューション」、後処理データ整理と成果作成を行う「最新ソフトウェアTBC」、それらを取り巻く最先端の「測量テクノロジー」、さらには近日発売予定となる新製品情報をいち早く皆様にご紹介いたしたく『Trimble FAIR 2018 in 盛岡』を下記日程にて開催致します。
ぜひこの機会にご体感下さいます様、皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。
 
 


・開催日時  2018年5月11日(金) 開場13:00~17:30(入場無料)
・開催場所  岩手産業文化センター アピオ 1F 第3・第4会議室
       岩手県滝沢市砂込389-20 http://www.apio-iwate.com/
・ご案内ちらし&参加申込書 →  LinkIcon PDF1,149KB
 右記QRコードからもお申込み出来ます 

・セミナー  A1. 陸/海/空 3D Solutions そろい踏み
       A2. いよいよ運行開始-QZSSの行方
       A3. 効率的な3次元地形測量のご提案
       B1. TOWISE測量CAD
       B2. Trimble C5 登場!
       B3. TBCとはいったい何か?
                         <CPDS 3ユニット>

  

 

2018/02/01
NEWトータルステーション「Trimble C5」リリースのお知らせ
 

新型マニュアルトータルステーション「Trimble C5」がリリースされました。
約7年にわたって皆さまの現場で活躍して参りましたTrimble M3 DRシリーズの優れた基本性能は継承し、使用者のフォーカス補正量を記憶し、常に最適な視準を実現する ”インテリジェント・オートフォーカス(i-AF)” を新搭載した測量機です。 現場作業をさらに効率的に変革する新世代のトータルステーションのデビューです。
Trimble C5のページへ
  

 

2017/12/11
3Dレーザースキャニングトータルステーション「Trimble SX10」リリースのお知らせ

 
~トータルステーション、3Dレーザスキャナ、そしてイメージャーがパーフェクトに融合~
Trimble SX10 高精度トータルステーション、高速スキャニング、高解像度イメージャーをひとつのデバイスに統合した、新世代レーザースキャニングトータルステーション「Trimble SX10」をリリースいたします。
トータルステーションとして測距測角でのご使用はもちろん、三次元スキャナーとしての機能を兼ね備えていますので、これからの複合型の現場には最適です。また従来の接眼レンズに代わるタブレット画面での表示は、視覚的共有を図ることができ、より効率的な作業に貢献します。

«主な特長»
・ 高精度トータルステーション/高速スキャニング/高解像度イメージャーの機能がパーフェクトに融合
・ 測角精度 1″ / 測距精度 1mm / 実績あるMagDrive旋回エンジンとシュアポイントを搭載
・ 特許取得済のTrimble 3DM Lightning Technologyによる高速・高精度スキャン機能(26,600点/秒)
 
«主な仕様»
トータルステーション機能
・ プリズム使用時 標準測距精度: ±(1+1.5ppm×D)mm
・ 1素子プリズム使用時 測距範囲: 1~5,500m
スキャニング機能
・ スキャンスピード: 26,600点/秒
・ 視野: 水平方向360°、垂直方向300°
 
 ※ 詳細な情報は製品情報をご覧ください→ Trimble SX10
 

2017/11/01
「R10 準天頂衛星4基打ち上げ記念 先取りキャンペーン」のご案内(終了しました)

 
2018年度、いよいよ準天頂衛星が4基体制で整備されます。
 準天頂衛星補足をいち早く可能とし、1級GNSS機初の傾き補正観測対応したR10GNSSを特別価格でご提供いたします。
ぜひこの機会に高機能なTrimble R10GNSS受信機をご体感ください!
 
詳しくはこちらのリーブレットをご覧ください→ LinkIconPDF2,769KB